皆さん、こんにちは!!突然のお悩み告白ですが、こういったコラムを書くのは初めての私、書き方をどうしていくかが課題となっております。

より効率良く、魅力的なマンガが描けると良いのですが、そのワークフローをどうしようか色々と挑戦しています。

今回はiPad+Appleペンシルを使って、下書きから仕上げまで全て手描きでしてみる事にしました。

まだアプリの使い方など不慣れな部分がありスムーズな進行は出来ませんでしたが、紙に書いた下書きを取り込んで別のアプリで仕上げてアップロードするための形式に変換して~といった段取りが不要になったので、慣れていけば効率良く進行できそうです。

今までやってきた事が、新しいサービスやツールが現れることで効率良く進められる様になるけども、全て取り入れるのはなかなか難しいものです。

だからといって研鑽や挑戦を失っては時代に取り残され、一社会人としても、一事業者としても淘汰されてしまうかもしれません。

いつまでも挑戦を忘れず、むしろ楽しんで新しい物を取り入れて行けたらと思います。

さて、前書きはそんなところで本編をどうぞ!


クラウドドライブを使っていつでもどこでもファイルにアクセス!

会社員時代、社内改善に取り組んで大きく改革したのがファイル管理でした。

ファイル管理はワークフローの中でも重要で、いつでもどのデスクでもどんな仕事のデータでも必ず確実に見つけられるようにしていました。

その後、会社から飛び出し独立した時に「これで良かろう」とそのやり方を踏襲しましたが、カバーしきれなかったのが出先で仕事をする時でした。

「あ、仕事で使うファイルが見当たらない…」なんて事があり、県外での打合せの待ち時間にやろうと思った事ができず、時間を無駄にしたものです。

そういった問題もクラウドドライブを導入後は解決されました。

私がクラウドドライブを検討した当時、最も注目されていたのがDropboxでした。

Dropboxアプリをインストールしたパソコン間は、クラウドを通してフォルダ内のデータが全てリアルタイムに同期され、インターネットさえつながればいつでもどこでも同じファイル環境を作ることができます。

チームで仕事をする時も大活躍で、仕事の引継ぎやデータの受け渡しに困る事がありません。

こういったクラウドドライブサービスは長年練り上げられ、Dropboxだけでなく多くの類似サービスが出ています。

Officeを使っている方はMicrosoftのOne driveが使いやすいでしょうし、GoogleからもGoogle driveがリリースされて久しく、Gmailなどのサービスと連携ができます。

一度使うと手放せなくなる便利なサービス、クラウドドライブ。無料版もあるので是非一度試してみてください。

それではまた次回お会いしましょう!


この記事が面白かった!新着記事のお知らせを受け取りたい!という方はイイねボタンを押してくださいネ♪応援よろしくお願いします!