ちょっと前になりますが2月下旬、まだ飯田に雪が降っている頃に、チェコからナイブニ人形劇場がやってきました。大阪→飯田→木更津と三か所回る公演でした。チェコは人形劇が盛んな国なので、どんな人形劇なのか楽しみでした。

今回は「空からきたひつじ」という作品。空から落ちてきた羊を少女がみつけ、沢山の助けをかりて、空に返すというお話です。これが人形劇になると、チェコのオシャレな世界が魔法のように広がり、引き込まれました。

木製の積み木の置物のようなシンプルな人形が、人形劇ならではの表現で際立ちます。例えば、高い空へ羊を返すために、3役分の人形を積み重ねてタワーにしてみせたり、大砲が出てきて本当にマッチで火を付けて羊が飛ばされたり、沢山の風船で人形が浮いて飛んで行ったり。遊園地のシーンでは、ダーツをしたり、バレリーナが綱渡りをしながら優雅に踊ったり、人形劇ならではの表現がユニークでした。

終演後はなんとびっくり、舞台や人形を自由に遊んで良い、というフリータイムがありました!人形劇団のいのちである人形や舞台装置に自由に触れるだなんて、本当に珍しいことなので、この粋な計らいに驚き感動しました。ダーツゲームでは、マークに当たると役者さんがハグしてくれたり、風船がプレゼントされたりするサプライズも。大人も子どもも劇中の遊園地に入りこんだような高揚感に包まれていました。

私の息子は夜で眠い時間なのにハイテンションで劇場を出ましたが、車に乗るとものすごい早さで爆睡。満足感でいっぱいの寝顔を見て、また私は幸せを感じました。息子は人形劇の魔法の世界の中で、いったいどんな夢を見ているのでしょう。きっと大人の想像を超える壮大な世界が広がっているのだろうなぁ。

【木田菜美子が個人的に推す飯田市の人形劇情報】

いいだ人形劇センター「ねほりんぱほりん展」4/275/28内 

5/3特別イベント 操演イベント要予約

http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=590

展示は去年よりパワーアップしてぶたさんも来飯!5/3限定のイベントでは目の前で人形が動く!生声あてのウシ澤アナも必見!渋谷NHKスタジオパークでもやってないイベントが、人形劇のまちで行われる奇跡!先着100人です。

おすすめの記事