次世代産業の創出を目的とした創業支援拠点「信州スタートアップステーション」(長野県)とI-Portの共催により、12月17日木曜日、飯田市のエス・バードにて起業支援の個別相談会とオンラインセッションが開催されます。

信州スタートアップステーションのコーディネーターによる個別相談や若手起業家でありエンジェル投資家として知られる小原聖誉氏によるオンライン講演等に無料で参加できるチャンス。自身のビジネスアイデアをブラッシュアップし、一歩前に踏み出す好機として、ぜひご活用ください。

【個別相談会】

●午前10時~午後5時(1時間ごとに区切られます)

信州スタートアップステーションのコーディネーターが個別で相談を行います。コーディネーターは、コンサルタント・中小企業診断士・会計士など起業に役立つ経験が豊富で、様々な視点から相談者の創業・新規事業に関するアイデアの事業化を支援。

【オンラインスタートアップセッション】

●18時~19時30分 講演

大人気若手起業家講師 小原聖誉氏による「創業期のスタートダッシュ ~エンジェル投資家の活用法~」

●18時30分~19時30分 オンラインミートアップセッション

小原氏に直接事業の相談ができるオンラインミートアップセッション(セミナー)が行われ、創業や新規事業立上の疑似体験とフィードバックを受けられます。講演で情報をインプットし、セミナーでアウトプットすることを目的とし、創業に対するイメージを明確にすることが目標。

今回、エス・バードでの相談会の開催に向けて、信州スタートアップステーションの主任コーディネータ土屋 弘さんは、
「新型コロナ感染拡大が懸念され、世の中の生活様式が大きく変化していますが、これまでも、環境の変化によって新しいベンチャーが数多く生まれてきた実態があります。ピンチを逆手に、新しいビジネスチャンスの創出を目指す第一歩として、これまで創業の相談に対して敷居が高いと感じていた方にも気軽に参加をしていただきたいです。創業へ興味がある人に寄り添い、コミュニティーとしていろんな方が集まって共創する概念のもと、相談環境を整えてサポートしていきます。」とコメント。

「信州スタートアップステーション」は、信州ITバレー構想の実現に向けて、松本市に開設された次世代産業の創出を目的とした創業支援拠点。創業・新規事業のアイデア創造など、創業に関わる様々な支援が行われています。

個別相談会、オンラインスタートアップセッションへの参加は無料。ただしどちらも事前申し込みが必要となります。
事前に質問も受け付けますので、希望される方はお早めに事務局までお問い合わせください。

●電話 026-227-9811
●メールアドレス shinshuss@tohmatsu.co.jp