長野県飯田市にて新型コロナウイルス感染症の影響で窮地に立つ地元の飲食店を盛り上げようと、飲食店経営者らが中心となり実施したクラウドファンディングが、目標金額を大きく上回る大成功を収めました。

クラウドファンディング呼びかけの中心となったのは、2015年より食べ飲み歩きイベントを開催してきた「飯田丘のまちバル実行委員会」の面々。目標金額は5,672,520円(コロナに勝つ!)のところ、じつに2,300万円以上の支援を集めた今回の結果に、委員長の熊谷芳巳さんは

「当初の想定を遥かに上回る暖かいご支援が集まったことに大変感謝の気持ちでいっぱいです。コロナ渦において、飲食店を利用されるお客様にも大きな不安があることと思います。その不安を払拭し、安心して楽しんでもらえるよう各店舗、万全を期して安全対策に取り組みます。さらには、まちの活性化に繋げていきたいです」

と、喜びのコメントを寄せています。

長野県飯田市中心市街地の飲食店を「食べて・飲んで・まち歩き」をするイベントとして開催されてきた「飯田丘のまちバル」は今年、8月23日(日)、30日(日)の2日間開催予定。

引き続き感染拡大予防に気を配りながらも、ますます熱の入った「飯田丘のうえ」の、まち歩きをお楽しみください。