公益財団法人南信州・飯田産業センターは、産業振興と人材育成の拠点「エス・バード」内にデジタル工作機器のものづくり工房「ファブスタ★」を令和3年1月、オープンします。

子どもから大人まで多様な世代を対象に、ものづくりへの興味・関心を喚起し、自らのものづくりのアイデア・デザインを実現すること、また、高等教育機関や地元産業界の試作等での機器利用により、産業の高度化・高付加価値化など、南信州地域の産業振興及び人材育成を図ることが目的。

同施設では、3Dプリンターやレーザーカッターなどを利用して、デジタル工作を楽しむことができます。利用できる機器は以下のとおり。

  1. 3DCAD
    1. SOLIDWORKS Standard
    2. FUSION360
  2. 3Dプリンター
    1. MARK TWO
    2. UP300
    3. FALCON
    4. ダヴィンチmini w+
  3. レーザーカッター
    1. Etcher Laser Pro
  4. カッティングマシン
    1. Brother SDX1200

ファブスタ★が提供する機材による作品例

利用開始に先立ち、同センター係長の伊藤宏さんは
「都会にはこういう施設がたくさんあるそうですが、飯田下伊那でははじめてのこと。できれば小さい子どもの頃から、学生の頃から、経験していただいて今後に生かしていただきたいですね。地元の製造業の皆さんにもご活用いただけるような性能のものも用意しておりますので、併せてご利用いただければと思っています」
と話します。

「ファブスタ★」は、利用の前に機器の基本操作を学ぶための講座を受け、基本操作ができるようになれば、「エス・バード」が開いている9時~21時までの間、機器が利用されていない時ならいつでも利用可能。
また、3Dプリンターなど完成に時間がかかる場合は、前日に入力の作業をして「エス・バード」が閉まる21時以降出力を続け、翌日に完成品を取りに来ることもできるとのことです。

興味のある方は、今後開設されるホームページをご覧いただくか、南信州・飯田産業センターにお問い合わせください。

【所在地】
産業振興と人材育成の拠点「エス・バード」内
〒395-0001 長野県飯田市座光寺3349-1

【問い合わせ先】
公益財団法人南信州・飯田産業センター
電話:0265-52-1613
FAX:0265-24-0962