リニア中央新幹線・三遠南信自動車道の開通など、大きく変わる時代を迎える長野県飯田市では、IT・クリエイティブな事業・製造業など、幅広い事業者を対象に飯田市のオフィス開設を支援する『飯田市サテライトオフィス等開設支援補助金』の申請を受付中です。

令和2年より実施している本事業ですが、今年度はさらにパワーアップし、対象施設に“飯田市環境技術開発センター”を追加。県の補助事業への上乗せ補助、テレワーク体験・SNS発信なども盛り込まれ、支援の内容もより手厚くなっています。

支援内容は次の通り。

◍オフィス開設への支援

対象施設:エス・バード(インキュベート室)(残り3室)/飯田市環境技術開発センター(現在満室)/市内空き物件(シェアオフィス等含む)。

進出支援金50万円、オフィス改修経費の1/2(最大150万円)を補助。

条件:

  • 飯田市へサテライトオフィス開設、事務所機能を移転する飯田下伊那地域外の事業者。
  • オフィス開設のために市内施設を取得または長期で賃借する。 
  • 飯田市へ進出後、3 年以上事業活動を行う予定がある。
  • オフィス開設をHPで公表可能、当地域での移住体験をSNS 等で情報発信可能なこと。

◍サテライトオフィスおためし利用者への支援

観光・移住体験などを含む滞在費の補助(上限10万円)

県の補助事業「おためしナガノ」参加者には上乗せ補助。

条件:

  • 補助申請時点で飯田下伊那地域内に同機能の拠点がない事業者。
  • 飯田市でテレワークを7日以上体験する。 ※1回はエス・バードを利用。 
  • 当地域でのテレワーク、観光体験等をSNS 等で情報発信可能なこと。

事業担当である飯田市工業課の金田さんは、入居後は「販路開拓、人材育成、地元企業との接点づくりなど“南信州・飯田産業センター”が全面的に支援します。飯田の様子を知りたいな、と思ったら『ハジメマシテ、飯田』のHPをのぞいてみてください。企業進出後の支援も強い当地域で一緒に活動いただける企業様をお待ちしています。」と話します。

『飯田市サテライトオフィス開設支援補助金』の受付期間は、令和5年2月28日(火)まで。地域外の事業者に好評を博し、すでに補助金を活用し入居された事業所もいるほか、開設に向け数件の相談が進んでいます。気になる事業者のみなさんはぜひ、特設サイト等で詳細をご確認のうえ、お気軽にお問い合わせください。

■特設サイト:
https://www.iida-satellite.com/

■お問い合わせフォーム:
https://www.city.iida.lg.jp/ques/questionnaire.php?openid=88&check

■書類申請・詳細:
https://www.city.iida.lg.jp/site/kougyou/satellite.html

※まずは工業課へご相談ください。

■問い合わせ・申請書送付先:
飯田市産業経済部工業課企業⽴地係(エス・バード内)
TEL 0265・22・5644
Emai : kougyou@city.iida.nagano.jp